ラベンダーのクレームブリュレ♡老舗ビストロでのデザートはいつもこれ♡

こんばんは

福岡 平尾の プリザーブドフラワー・

フラワーアレンジメントのお花教室

angel flowersの あんじぇ です

 

 

 

今日は徒然日記を♡

 

 

 

「美味しいジビエの煮込み作ったから食べにおいでー」

 

 

 

そんなメッセージがきた日にゃ

食いしん坊の私は見逃すわけがありません笑

 

 

 

メールの主は、

私が20年来通うお気に入りの老舗ビストロ

福岡の舞鶴にあります

「仏蘭西家庭料理 花むら」のムッシュ。

 

 

 

20代の頃から通っておりまして

もはや自分のお家に帰ってきたような安心感を感じるお店でして、

私も大人になったもんだなーなんて思ったりして。

福岡で50年、

店内の装飾品にはなんとも言えない

味わい深さがあって

何処を切り取っても絵になる店内。

今日 飾られていた真紅の薔薇は

少しくたびれていたけど

それがお店の歴史と相まっていいアクセントになっています♡

 

 

 

ところで、バラの花って…

ツボミから…

開きかけて満開となり…

散り始め…

散ってしまって花びらがはらはらと落ちるまで…

その過程を楽しむのが好きなのですが、

その様子を見るにつけ

女性として歳を重ねることにリンクしてるなーって感じるのですが

どのときも それぞれにそれぞれの美しさがあると思うのです。

 

 

 

わたしは、花びらが散り始めるまえの

ぷっくりとした姿が一番好きかな。

 

 

 

ところでやっと本題です。

花むらさんでのデザートはいつも

ラベンダーのクレームブリュレを選んでしまうわたくし。

ほのかに香るラベンダーがなんとも幸せな気持ちにしてくれるのです。

いつも変わらず美味しいんですよねー

 

 

 

ちなみに、ラベンダーに対しては特に思い入れがあるのですが…

初めてラベンダーなるものに接したのは40年ほどまえ。

それは、コミック雑誌「なかよし」で

全員プレゼントだったラベンダーのポプリでした。

その時、

なんていい香りの花なんだろう〜

こんなお花ってこの世に存在するんだ〜

って感動したのを今でも覚えています。

ところで、この時のラベンダーのポプリって

生活の木とのコラボだったそう。

生活の木の商品開発の方とお仕事をした時に、

教えてくださったのですが、

住む場所こそ違えど、

同じ時代に「なかよしの付録」を通して

同じ特別感を共有していたことが分かり、

そこからすっごく打ち解けてお仕事がしやすくなった、

という経験があります。笑

女性同士ってそういうとこありますよね!

 

 

 

さて、ほかにいただいたお料理ですが、

今日のメインは鹿の首。

野性味感じる力強いお味がジビエ好きにはたまらない一皿。

 

 

 

お料理の順番は前後しますが、

大大大好きなオニオングラタンスープ♡

なんでも、かなりお高めなチーズを使っているそうで

アツアツトロトロのオニオングラタンスープは

この時期にはぴったり。

 

 

 

いつ行っても

変わらない美味しいお料理を提供してくださる

大好きなお店。

お店の常連さんには経営者や政治に携わる方々も多いのですが、

どんな人とでも分け隔てなく「博多弁」で接するムッシュ…大好きです笑!

以前、たまたま某市の元首長と

花むらでご一緒することがあったのですが

とびきりお酒が強くて素敵だったなー

 

 

 

そんなこんなで、

楽しくて美味しい時間を過ごしてきました♡

ムッシュからワイン会をお店で開くようすすめられたわたくし。

という訳で、ワイン会開催のオファーも受付中です笑

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です